税理士になりたい人必見!アルバイトについて

>

税理士はどうやってなる?

税理士のアルバイトってあるの?ないの?

税理士事務所では、定期的にアルバイトの募集があります。
しかし厳密に言うと、「税理士」としての求人ではないことがほとんどです。
アルバイトが求められるのは、主に「税理士の補助」をする仕事だと思ってください。
電話対応や来客対応、経理などの一般事務的な仕事を頼まれることもあります。

税理士事務所側としては、正社員よりアルバイトを雇った方が、当然ながら人件費が安く済みます。
そのため、税理士補助のアルバイトの需要は意外と多いと言えます。
税の知識や経験が少ない人でも、補助業務であれば、少しずつ無理なく仕事を覚えていくことができるのです。
税理士の資格はいらないにしても、簿記2級程度の知識が求められるところもありますので、注意が必要です。

仕事内容は、実に多種多様!

冒頭でも述べた通り、税理士は税金に関する専門家です。
私たちが確定申告などの税金に関して困ったことがあれば、サポートしてくれます。
その他にはどのような役割があるのか、簡単に見ていきましょう。

私たちのほとんどは、税金についての知識が乏しく、知らず知らずのうちに脱税などの法に違反してしまうことがあるかもしれません。
一般の人や企業向け、時には子ども向けにセミナーなどを開き、税金についての正しい知識を伝えるのも税理士の役割です。

それから、一般の人だけではなく企業の税相談に乗ることもあります。
企業にとっても、正しく賢い経営をしていく上で、税理士の助けは欠かせません。
例えば、節税したり利益を出すための提案をするなど、企業に寄り添った仕事をしていきます。